私たちと農業を一緒に楽しみませんか!

田植え

海老芋圃場

小豆圃場

大きく育った
名古屋コーチン
卵はいつか?

 私たちの暮らす王子地区は、京都市の北西に隣接する亀岡市にあります。京都市より国道9号線で老ノ坂峠を越えると篠町に入ります。その入口の村です。峠を下り一つ目の信号が王子交差点、ココが我が村の看板です。明智光秀が本能寺に攻め行った道筋でもあり、丹波から京の都に向かう山越え前の宿場で江戸時代には400件を超える町並みでした。しかし、現在では交通網の発達で平場や駅周辺への移住が進み30件余りになり、大都市と周辺都市の狭間で過疎地になっています。40~50年前頃に、盛んに作られた王子キュウリやトマト、京野菜のカブや大根も生産農家が減り、専業農家も4件になりました。その上、高齢化が進み後継者もままならず、耕作放棄地が増えているのが現状です。農機具(トラクター)が通れる道もなく段々畑の小面積な田畑の維持は、体力的にも負担が大きく管理もままならないからです。

 2018年地域役員の有志で「王子有志の会」を立ち上げ、耕作放棄地の有効利用(水稲キヌヒカリ・海老芋・小豆・じゃがいも等の栽培)やイベント(夏祭り・暮れの餅つき・ピザ窯とミニ列車 等々)活動で沢山の方と関われるこれからの王子村の暮らしや農業を考える機会を持っています。まだまだ、模索中ですが水事情の厳しい水田を野菜つくりに切り替えて作物を収穫し販売する、王子採り立て野菜直販所の販売を始めます。インターネットでお野菜の販売を始めます。このような形を構成中です。

 今回は、ボランティアの募集になります。圃場つくり・植付け・収穫・製品梱包・出荷・農機具オペレーター及び事務や広報・営業をお手伝いただける方、自分で農業を始めようとする方。是非、農作業を経験ください。一緒に農作業を自然を楽しみましょう!

​ 完全有機ではありませんが、極限まで農薬を使わず病気や害虫害獣と闘いながらの作業です。存分に地球の息吹の欠片を楽しめます。

ジャガイモの収穫 2020.6.29

小豆脱穀 2019.11.20

猪解体

応援隊募集
性別
arrow&v
ご希望の連絡方法

送信ありがとうございました。後日、担当者がご連絡申し上げます。